FC2ブログ

今日の消化盤(9/29)

ルイジアナ・"ギター"・レッド『Live At The Blues Bouquet』(Ocala Records)

★★★☆
ルイジアナ・"ギター"・レッドのライヴ盤。1996年7月27日、アイダホ州ボイジーでのライヴを収録したもの。
てっきり「ルイジアナ・レッド」のCDだと思って買ったのだが、なんだか声が違う。そういや「ルイジアナ・"ギター"・レッド」表記だしなあと思って、念のためブルース人名・用語辞典を見てみたら、あっ何と言うことだ!別人じゃんorz。紛らわしいなあもう。
まあ、でも結構面白い音ではあったので良しとしよう。弾き語りではなくバンド編成で、音自体は典型的な西海岸のモダン・ブルース。

フロイド・ジョーンズ『1948 - 1953』(Classics Records 5130)

★★★
シカゴのブルース・シンガー/ギタリスト、Floyd Jonesの初期録音集。1948〜1953年にかけて、Marvel/J.O.B./Chess/Vee-Jayレーベルに残された18曲を収録。
音の方は、非常にダウンホームなものだ。あまりパターンの多い人ではなく、どちらかというと不器用な方だ。しかしそのダウンホームでロンサムな味わいはなかなか奥深いものがある。CD1枚通して聴くとちょっと単調かな。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR