FC2ブログ

今日の消化盤(11/14)

スマイリー・ルイス『New Orleans Gumbo (1/4) Gumbo Blues』(東芝EMI TOCP-7289-92)
★★★★
スマイリー・ルイスの4枚組ボックスセットの1枚目。残念ながらブックレットが欠損しているので録音時期などは不明。
いかにもニュー・オーリンズのリズム&ブルースらしい、ゆったり目のテンポで余裕綽々で唄うスマイリーの貫禄勝ちという印象。痺れます。アナログ落としらしく、スクラッチノイズが目立ち、音質がいいとは言えないのがちょっと残念。
※このCDは既に廃盤で、amazonでは取り扱っていないようです。

アーニー・K・ドゥ『The Building Is Shakin' & The Wall Are Tremblin'』(AIM records AIM 1202 CD)

★★★★
ニュー・オーリンズのリズム&ブルース・シンガー、Erbie K-Doeの晩年のアルバム。1990年代中頃に録音されたものらしい。1936年生まれなので、60歳前後の録音ということになるが、まだまだ元気だ。
音的にはかなりフリーで、リズム&ブルースを貴重にしながらも、ソウルあり、ファンクあり、レゲエ調、ヒップホップ調の曲ありと音楽性は幅広い。しかも背伸びしているようなところは全くなくどの曲も自然体だ。良盤。全盛期の1960〜1970年代の録音も聴いてみたい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR