FC2ブログ

今日の消化盤(11/19)

Various Artists『ア・トリビュート・トゥ・スペースメン 3』(P-vine PCD-23236)

★★★
英ノイズ系バンド、Spacemen 3のトリビュート盤。いわゆる「音響系」のアーティストが多い。そっち方面はどちらかと言えば苦手なほうなのでどうかと思ったが、思ったよりは聴きやすかった。というか、オリジナルの曲から大きくはみ出すようなアレンジの曲は少なく、かなりオリジナルに忠実な曲が多いので、まあ聴きやすいのもむべなるかな、というところか。安心して聴ける反面、面白みは少ない。その中ではモグワイやピアノ・マジックといった大物の曲がやはり面白い。

ルーサー・アリソン『アンダーグラウンド』(Ruf Records/BSMF Records BSMF 2064)

★★★☆
ルーサー・アリソン、若干18歳?での初録音の発掘音源。1958年という録音年には若干疑問が残るが、ごく初期の録音であるのは間違いない。音的には全盛期のような粘着質とも言えるコテコテさが少なく、かなり軽めの音だが、それでもいかにもルーサー・アリソン、というフレーズを随所で聴くことが出来る。栴檀は双葉にしてなんとやら、というところか。
不満なのは30分弱という短い収録時間。特に冒頭の「Hide Way」なんかはフェードアウトで終わるのだが、マスターテープがそうなっているのならやむを得ないが、わざわざフェイドアウトさせているとしたらもったいない話しだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR