FC2ブログ

今日の消化盤(12/10)

ジョニー・ヤング『Chicago Blues』(Arhoolie Records CD 325)

★★★☆
シカゴの渋いブルース・シンガー/ギタリスト(マンドリンもこなす)、Johnny YoungのArhoolieレーベル録音集。1965年および1967年の、二つのセッションをカップリングしたもので、バックのミュージシャンは異なるのだが、音としては似たような感じだ。
個人的には、いかにもなシカゴ・ブルースというのは今ひとつ好きになれないのだが、この盤にもそういうきらいが無いではない。まあ、充分楽しめたといえば楽しめたので買って損はなかったと言えるが。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR