FC2ブログ

今日の消化盤(7/9)

The Red Krayola『The Parable Of Arable Land & God Bless The Red Krayola And All Who Sail With It』(Snapper Music SNAP 277 CD)

★★★☆
13thフロア・エレヴェイターズと並ぶ米サイケバンドの雄、レッド・クレイオラの、1967年発表の1st『The Parable Of Arable Land』と1968年発表の2nd『God Bless The Red Krayola And All Who Sail With It』の2in1。レッド・クレイオラを聴くのは今回が初めて。
音の方は、かなりフリーキー&アヴァンギャルド。1st、2nd合わせて33曲収録されているのだが、まともな歌ものと呼べる曲は数分の一で、それ以外はデモというか、作りかけの試行錯誤過程の曲のような印象を与える短い断片的なものが多い。
この感じは、う〜ん、何だろう?ひねくれたカンという感じ?カンそのものがかなりひねくれているので、それを更にひねくれさせたら、どこまでひねくれているんだ、という話になりそうですが。
そういう意味では、サイケというよりはプログレの範疇に入れた方が良いような気がする。まあ、いわゆる「分類を拒む」類いの音なのは確かだが。
個人的は、この手の音はあまり好みではないのだが、このバンドについては音の傾向にしては聴きやすかった。とはいえ、数分の一しかないまともな歌ものの方が良かったのも事実で、そればかりのアルバムだったら、もっと評価があがっただろうけど。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR