FC2ブログ

今日の消化本(7/24)

津原泰水『綺譚集』(創元推理文庫 542 02)

★★★★
幻想小説作家、津原泰水のタイトル通り「綺譚」を集めた短編集。全体に短めの作品が多く、2,3ページで終わるようなものもある。
ミステリ、ホラー色の強い作品もあるが、どちらかというとそれは少数派。正統的な幻想小説もあるが、特に短い作品は、いわゆる「奇妙な味」の小説に属するようなものも多い。ロアルド・ダールっぽい一面もある。比較的長い(と言っても文庫本で20ページ強)「ドービニィの庭で」がひときわ印象に残る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR