FC2ブログ

今日の消化盤(8/5)

James Booker『Resurrection Of The Bayou Maharajah』(Rounder Records CD 2118)

★★★★
ニュー・オーリンズのピアノの魔術師、ジェイムズ・ブッカーの、1977〜1982年にニュー・オーリンズ、メイプル・リーフ・バーでのライヴ音源から編まれた編集盤。姉妹盤と言うべき『Spiders on the Keys』は全曲インストだったが、こちらは全曲歌モノ。
さすがにインストばかりでちょっとだれる感じのあった『Spiders on the Keys』に比べると、ずっと聴きやすい。メドレーが多いのも特徴で、全11曲の内、ほぼ半分の5曲がメドレー。そのメドレーでは次に何が出てくるかという緊張感もあって、緊迫した演奏と雰囲気が続き、正しく魔術師の指先で思うがままに操られているような感覚を楽しめる。名盤。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR