FC2ブログ

一周

昨日、某ブック・オフで、しばらく前からちょっと気になっていた漫画家、冬目景の「羊のうた」の1巻と2巻を見つけて買ったのですが、これに見事にハマってしまい、今日は散髪しに行ったついでに残りの巻もゲットすべえと、地元の書店を回ってみたのですが、見事にどこにも置いてない。仕方がないので、そのまま梅田まで出ることに。

梅田ではこの前あったのを見た(と思っていた)TUTAYAへ行くも、3,4巻はあったが5巻が置いてない。確か5巻まで出てた筈と思って、4巻の奥付けをこっそり覗き見してみると(ビニール包装してあるから、本を湾曲させて隙間を作って覗く、というテクニックを使わないといけない)、99年の12月発行になってます。もっと最近、新刊が出ていたの憶えているから、やっぱり5巻まで出ているのは確かなよう。

今度は泉の広場近くのブック・ファーストへ行くが、やはり3,4巻のみしか置いてない、とりあえずある分だけでも確保ということでここで3,4巻を購入し、残りの5巻を引き続き捜索。まずは旭屋書店本店へ、なし。次にコミック補完計画へ。やはりなし!

う〜む、となると後は阪急32番街の紀伊国屋(だったっけ?)か堂島のジュンク堂書店ですが、32番街の方へ行ってなかった場合、そこからジュンク堂書店へ回る気力はなさそうだったので、遠いんだけど、泣く泣くジュンク堂書店へ行くことに。

途中、駅ビル地下で休憩したり、中古CD屋を覗いたりしながらなんとかジュンク堂書店へ到着。この「羊のうた」はバーズコミックというちょっとマイナーめなコミックなので、有り場所を探すのが大変。ここでも立ち読みしてるウザい人の群をかき分けながら探して回り、ようやく発見!ああ、しんど〜。結局、梅田中央部周辺をぐるりと一回りしたことに。ちょっと散髪に出たつもりが、こんな遠征をする羽目になろうとは〜。

それだけ苦労をした甲斐はあって面白かったです!変形吸血鬼ものといった感じの作品なのですが、最近のマンガには珍しく、かなりテンポが遅い作品なので、5巻まで読んでもそんなに話が進んでいない。でもその独特のテンポが心地よいのです。

奥付けの発行年を見てみると、なぜか発行間隔がばらばらなんですが(2巻と3巻なんて同時に発行
されているし)、4巻は一昨年の12月、5巻は昨年の12月に発行されてます。ということはこの
ペースだとあと半年待たんといかんのか〜(;_;)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR