FC2ブログ

スパム!スパム!スパム!

携帯の迷惑メールが猛威を振るっているようです。私の知り合いにも、あまりにも迷惑メールがひどいので、普段はメール着信をオフにしている人やら、メールアドレスを変更する人が増えてきました。

私自身のアドレスには幸い迷惑メールは全く来ません。アドレスが10文字以上と長いのと、記号を混ぜているのが効いているようです。別に迷惑メール対策でそうしたという訳ではなくて、今のDoCoMoに変えた時に、考えていたアドレスが既に取られていたので、その後ろに記号+別な文字列を追加したアドレスで取った結果そうなってしまっただけなんですが。

迷惑メールの対応には各社とも苦慮しているようで、DoCoMoは400パケットまではメール受信を無料にしました。またJ-PHONEはメール受信無料という点をここぞとばかりに強調しています。もっとも、無料と言えば聞こえはいいですが、この資本主義の世の中で、本当の意味での「無料」なんていうのがある筈もないので、別の形で金を払っている、つまりメール受信にかかる料金が基本使用料または通話料に上乗せされているだけの事でしょう。これだと、ひんぱんにメールを受信する人はいいけど、ほとんど受信しない人は、他人のメール受信料まで払っているということになります。

個人的には、どうお金を取られているのかよく判らないJ-PHONE方式よりも、使った分だけ金払えのDoCoMo方式の方が好きです。もっとも、DoCoMoの今のメール受信にかかる料金が妥当かどうかというのはまた別の話だし、そもそも強制的にメールを受信するしかない、という現状の仕様は論外ですが。

メールの受信方式としては、auのメール受信方式選択肢の一つである、リストだけ先に取得して必要なものだけ受信するという方式が一番スマートなような気がします。ちょっと手間はかかるけど。

ただ、これにしても結局は迷惑メールが来ることを防止することは出来ない訳で、そういう意味では根本的な対策にはなりません。根本的な対策を考えるのなら、あらかじめ登録しておいたアドレスからのメールだけ受信して、その他は拒否するか、または受信するかどうか確認してから受信する、というようなシステムが有効でしょうか?それくらい、技術的には難しくないと思いますが、今の携帯メールのシステムはあまりにも巨大および普及しすぎていて、なかなか変更できないのかも知れません。巨人ゆえの悩みって奴でしょうか?

冷静に考えてみると、不特定多数の携帯にメールをばらまいて、どれだけの効果があるんだろう?というのはちょっと疑問ですが、まあメール発信するのにかかるコストなんて知れている訳で、対効果という点で広告として有効な手段なのでしょう。資本主義の世の中では、広告という奴からは逃れられない訳で、SFなんかでも朝から晩まで、いや、眠っている最中にも睡眠学習でCMを見させられる、というようなものがありましたが、携帯メールの普及でそれと近い状況になるとは…。「IT革命」などという言葉ももはや忘れられつつありますが、ひょっとするとこれこそがいささか迷惑なIT革命なのかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR