FC2ブログ

T・マロリー『アーサー王の死 中世文学集I』(ちくま文庫)(3/7)

『エクスカリバー』がらみで買ったアーサー王伝説の本。15世紀にT・マロリーが書いたものを、W・キャクストンなる人物が編集・出版したものが原典。原典は莫大な量なので、この文庫版ではかなりの量が省いてある。量にすると1/3以下なので、抄訳というよりは部分訳という方がよいかも知れない。特に聖杯探求の物語部分がばっさり省かれているのは痛い。省略のせいで、読んでいても今ひとつ意味が通じなかったりする(知らない間に登場人物が死んでいたり)。またどの程度原典に逐語的に訳されているのか判らないが、今ひとつ読みにくい(特になじむまでの間)。
まあ、『エクスカリバー』は、映画化にあたってかなり話を変えているのがこれを読むとよく判る。とは言え、アーサー王伝説に興味を持った人への1冊目としてはお勧めできない。
次はT・ブルフィンチの『中世騎士物語』でも読んでみるかな?これも大半はアーサー王伝説について書いてあるらしい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR