FC2ブログ

森博嗣『月は幽咽のデバイス』(講談社文庫)(3/31)

森博嗣のVシリーズ3作目。話は例によって例のごとくだが、今回はやけにあっさりしているような気がする。トリックとか、その辺は相変わらず見事なのだが、話そのものはあまり起伏がなくストレートに終わってしまう感じ。
S&Mシリーズに比べると、このVシリーズはキャラ重視というか、各キャラクターの描写に重点が置かれているような気がする。レギュラーキャラの数も1作ごとに増える一方だし。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR