FC2ブログ

★デヴィッド・グーディス『ピアニストを撃て』(ハヤカワ・ミステリ)(6/6)★

映画の原作となったミステリを刊行する、ポケミス名画座というシリーズの一作。フランシス・トリュフォー監督による同名映画の原作である。原題は「Down There」で「ピアニストを撃て(Shoot The Piano Player)」は、フランスで刊行された時に付けられた題名のよし。先に刊行された『狼は天使の匂い』と言い、この人はフランスで人気があるようである。
ストーリーの方は、かってはカーネギー・ホールにも出演した名ピアニストだったが、あるきっかけにより今は安酒場のピアニストに落ちぶれている主人公が、助けを求めてきた兄により事件に巻き込まれ…というもので、この作者得意の、人生に挫折してはいるが未だ昔の矜持を忘れきってはいない男の悲劇を描いている。
『狼は天使の匂い』同様、削ぎ落とされたシンプルなストーリーと描写の中から哀愁が漂うが、甘すぎないビターな味わいが良い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR