FC2ブログ

★エリック・クラプトン『ミー・アンド・ミスター・ジョンソン』(6/11)★

エリック・クラプトンの最新作にしてロバート・ジョンソンのカバー集。
ロバート・ジョンソンについては2枚組の全曲集は持っているものの数回しか聴いたことない、エリック・クラプトンについてはクリーム時代は好きだが、ソロになってからはまともに聴いていない。というそんな感じのワシだが、果たしてそういう人がこのアルバムを聴いてどうか?
結論から言うと、聴きやすいけどちょっと物足りない、そういう感じ。ほんとうにオーソドックスというかシンプルなブルースサウンドで(ただしあくまでもバンドスタイル。ロバート・ジョンソンのような弾き語りスタイルではない)、クラプトンのヴォーカルも肩に力を入れず素直に歌っている。ロバート・ジョンソンの、曲の良さをうまく引き出している、という点では良いと思うが、逆にアクの強さや悪魔的な妖しさというような側面は綺麗になくなっている。まあ、ロバート・ジョンソンのオリジナルにいまいち馴染めなかったワシに取ってはこっちの方が聴きやすいのは確かだが、聴いていてちょっと軽すぎるなあと思ったのも確か。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR