FC2ブログ

安田謙一、市川誠『すべてのレコジャケはバナナにあこがれる。』(太田出版)(9/30)

MSN-Mainichi INTERACTIVEで連載中の贋作系表紙美術館という企画を単行本化したもの。レコードのジャケットを2種類(もしくは3種類)掲載し、その比較を楽しむ、というものだが、中身は完全なパクリからそういえば似てるね、というもの、失礼ながら著者の思いこみじゃないの?というレベルのものまで様々。特に似ているという訳ではないが、二つ並べてみると興味深い、というようなものもある。
この、無理矢理似ているところを探そうとしないゆるいというか良い意味での適当さが読んでいて気持ちよい。一気に読むのではなく気が向いた時にぺらぺらめくってみるようなスタイルの読み方が向いているかも知れない。
ちなみに個人的には、しばらく前に出た宇多田ヒカルのシングル曲集のジャケットが、なにかに似ているような気がしてならなかったのだが、本書を読んで何に似ているのかという疑問が氷解した。その答えは・・・、気になった人は書店で立ち読みでもしてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR