FC2ブログ

V.A.『Shuckin' Stuff Rare Blues from Ace Records(MS)』(11/19)

米Aceレーベルに残された音源からCD2枚組に53曲を収録したコンピ盤。音的には結構バラエティに富んでいて、オーソドックスなシカゴブルースぽいものからやや南部よりのもの、もろにニューオーリンズなもの、テキサスっぽいものまで様々。
ジョー・ヒル・ルイス、フランキー・リー・シムズ、マーシー・ベイビーについては過去に聴いた別のコンピ盤で触れたので省略。とりあえずこの盤で初めて聴いた人で印象に残った人の感想をいくつか。
まずはアール・キング。名前はきいた事があったが音を聴くのは初めて。ギター・スリムっぽい音だろうと想像していたが正にギター・スリム!をもうちょっといなたくしたような感じか。これは単独盤も是非聴いてゆきたい。
ライトニン・スリム。名前の通り、ちょっとライトニン・ホプキンスに似たところがある。ニューオーリンズ調ライトニンというところか。これも単独盤を聴いてみたい。
ジョン・リトルジョン。こちらは正統派のシカゴブルース+モダンな味わいもありという感じ。ちょっとエルモア・ジェイムズ風のスライドギターがいい感じである。
あとは無名に近い人達の中でバッド・スミティ、アラバマ・レッド、ビリー・テイトといった人が印象に残った。結構収穫の多いコンピ盤だったと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR