FC2ブログ

V.A.『Blues From Dolphin's Of Hollywood』(1/6)

ジョン・ドルフィンという人が権利を持っていた色んなレーベルへの録音を集めた編集盤。収録アーティストはピー・ウィー・クレイトン、リトル・シーザー、パーシー・メイフィールド、メンフィス・スリム、ジミー・ウィザースプーン、フロイド・ディクソン、ペパーミント・ハリスの7人で計26曲。このメンツなら悪かろう筈がないが、みんな期待通りで水準が高い。メインのピー・ウィーはギターはやや大人しめだが、その分ヴォーカルには力が入っており、珍しくホットな感じの歌を聴かせてくれる。
ピー・ウィー以外のアーティストは2〜4曲なのでちょっと物足りない気がするが、それぞれ存在感を発揮している。唯一初めて聴く人であるリトル・シーザーは、シャウタータイプのヴォーカリストだがくどくなく独自の軽さがあってなかなか好印象。それ以外ではジミー・ウィザースプーンのヴォーカルの素晴らしさが印象に残った。ジミー・ウィザースプーンはCD1枚持ってるだけであまりまともに聴いたことがないのだがもうちょっと聴き込まんとあかんかなあ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR