FC2ブログ

ブッカ・ホワイト『Sky Songs』(2/11)

カントリーブルースマン、Bukka Whiteの1963年録音。LPではVol.1、Vol.2の2枚に分けて発表されたものから、1曲削って1枚物でCD化されたもの。1曲目と7曲目のみウォッシュボード奏者が参加しており、以外の曲は独演。ギターを弾いている曲とピアノを弾いている曲があり。
特徴として、とにかく1曲が長い。7曲のうち、10分以上の曲が2曲、7分台の曲が4曲ある。正直言ってこの長さはちょっと辛い。飽きる。ギターを弾いている曲はまだいいが、ピアノの曲は特に辛い。まあ、歌詞が聞き取れるぐらい英語が堪能ならまた別なのだろうが、歌詞の意味もわからずだらだら聴くには不向きだ。
ブッカ・ホワイトは、戦前録音に比べて、やや声の繊細さがなくなり武骨な押しの強い声になっている。それはそれでまた戦前録音とは違った魅力があるのだが。とりあえずブッカ・ホワイトを聴いたことのない人には戦前録音から聴くことをお勧めしておく。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR