FC2ブログ

ローウェル・フルスン『The Complete Chess Masters』(2/12)

テキサス出身のブルースシンガー/ギタリスト、Lowell FulsonのChessレーベルへの録音全曲集。1954〜1963年の45曲をCD2枚組に収録。
Chessはシカゴの名門レーベルであるが、録音はローウェル・フルスンの意向によりほとんどが西海岸で行われており、あまりシカゴブルースの匂いはしない。曲調としては、Swing Timeレーベル時代の、いかにもテキサスといった感じのジャンプブルースから、ややストレートなブルースに移行した感じがある。スロウな曲にはリズム&ブルースっぽい味わいもあるが、どちらかというとあっさり目で、KENT時代のようなアクの強さはない。もっとも約10年分の音源だけあって、結構バラエティに富んでおり、1曲1曲見ていくと違った味わいがある。
ローウェル・フルスンのヴォーカルは武骨ながらも重々しくはなくどこか軽快な味がする。ギターも同じでとりたててものすごいプレイをするわけではなく、もっさりしている訳ではないがあか抜けている訳でもないという、スタンダードな感じなのだがしみじみとした味わいがあってよい。本盤はそんなローウェル・フルスンの味を楽しむにはうってつけのCDだが、現在廃盤で入手しにくいのは残念だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR