FC2ブログ

☆2020年6月27日(金)に聴いた1枚☆

ということで、とうとう月をまたがった更新になっちゃいましたが、それでも行きますよ〜。本日の1枚は〜、
ザ・レモン・パイパーズ『Jungle Mamalede』(Apple Music)

です!初のApple Musicからの1枚、ていうかもはや電子データで「枚」と呼べるのか?という疑問もありますが、まあオリジナルはアナログ盤だったわけですからここはよしとしましょう(拡大解釈)。
ザ・レモン・パイパーズというと、「Green Tambourine」の一発屋みたいな印象もありますが、ちゃんと2ndアルバムも出してます。その2ndアルバムが、これ。で、この1枚の印象は1stに比べてかなり地味。アルバムを象徴する1曲目「Jelly Jungle」こそ、1stから引き継がれたバブルガム・ポップ的な曲ですが、「Catch Me Falling」や「I Need Someone (The Painter)」はポップさを残しながらも曲調はマイナー系。そして、「Wasn't Born To Follow」や「Wine And Viiolet」になると、もはやポップとさえ言い難いアーシーなブルース・ロック。おそらくメンバーが本当にやりたかったのは、こっち系の音だと思われます。
そしてアルバムの最後を飾る大曲「Dead End Street / Half Light」。今回、Apple Musicで聴きたかったのは、この1曲だと言っても過言ではありません。というのは、筆者が初めてザ・レモン・パイパーズを聴いたのは遥か昔、ようやくCDも普及してきた頃に出た、テイチク(!)からの1stと2ndの2in1盤でした。この2in1盤、音質は良かったのですが(当時としては)、気になったのが「Dead End Street / Half Light」がフェイドアウトで終わっていること。フェイドアウトで終わること自体は珍しくないですが、タイミング的に早すぎるのです。2in1にするために無理やり途中でフェイドアウトさせたのではないか?その疑惑がずっと残っていました。
かと言ってそれだけのために別のCD買うのも憚れる...。そんな時にふと思いついてApple Musicを検索すると、ちゃんと1stと2ndに別れてある(当たり前ですが)!そして曲の長さは11分41秒。それに対し、2in1盤は10分4秒!1分半以上短い!やっぱり2in1盤は曲の途中でフェイドアウトされてたんだ!!
改めて、2in1盤を(久しぶりに)聴いてみると、やっぱり「Half Light」のまだまだ続くだろこれ、というところでフェイドアウトしてます。
それに対してApple Musicの2nd版はどうか?「Half Light」の最後の盛り上がり、2in1盤ではフェイドアウトしていた時点をすぎてもまだ、盛り上がっている。そしてそれがようやく終わったと思ったら、短いながらも新たな展開が!それがフェイドアウトしてようやく終わった、と思えなその後に「Dead End Street」のイントロだけが短く演奏されて終わるっていう、今まで聴いていた2in1盤はなんやったんや、という結果でした。
と言う訳で、積年の疑問がようやく氷解しました。最後に、YouTubeにあった「Dead End Street / Half Light」を貼っておきます。アナログ盤から起こしたらしく、スクラッチノイズが聞こえますがそれも一興。

削除されてたらごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR