FC2ブログ

☆2020年6月25日(木)に聴いた1枚☆

なんかあっという間に6月も終わりそうですねえ。でも6月だろうが7月だろうがどんどん聴いていきますよ〜。本日の1枚は〜、
スピリット『Time Circle (1968-1972)』(Sony Music Entertainment E2K 47363)

です!ってまた2枚組ですが...。
スピリットはアメリカのロックバンドで、中心人物であるランディ・カルフォルニアは、ジミ・ヘンドリックスと活動していたことがありました。また、ツェッペリンの「天国への階段」の盗作騒動でも知られていますが、本国アメリカではともかく、日本ではそれほどメジャーとは言えないような...。
この2枚組のベスト盤は、1968年のデビューから1972年の活動停止までの楽曲41曲を収録しています。バンドは一部メンバーチェンジの後、1974年以降も活動していますが、その期間の曲からは収録されていません。
さて、このバンドですが、これまたジャンル分けするのが難しいバンドです。と言っても、普通の
「ジャンル分けするのが難しい」のとはちょっと違います。彼らの場合、「ジャンル分けするのが難しい」ような音楽をやっていた訳ではなく、曲によってジャンルが異なる、まるでカメレオンのようなサウンドだからです。
まあ、オリジナル・アルバムではなく、ベスト盤だというところでそう聴こえる面もあると思いますが、それを差し引いて考えても、やはり曲のジャンルが見事なくらいバラバラです。ストレートなロックあり、サイケあり、プログレ風あり、ハードロックありといった感じです。
決してつまらないバンドではありません。それらの曲はどれもいい曲です。しかし、41曲通して聴いても、今ひとつ正体が判らない、というか、彼らがどんな音楽を目指していたのかが判らないのです。器用貧乏、と言うとネガティヴすぎるような気がしますが、そういう面は否定できません。
最後に、「天国への階段」の盗作騒ぎのもとになった、「Taurus」のYouTube動画を貼っておきます。こりゃ、「盗作」と言われても仕方ないわ。

(削除されていたらごめんなさい)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR