FC2ブログ

☆2020年5月13日に聴いた1枚☆

ちょっと間が空いてしまいましたが、まだまだ聴いていきますよ〜。本日の1枚は...
Various Artists『Music From The Films Of Woody Allen』(Triangle Music 502520)

です!ってこれ1枚じゃなくて3枚組じゃん。まあ、3枚組までは可、というルールがあるので。3枚とも今日中に聴いたし。
これはタイトル通り、ウッディ・アレンの映画で使用された曲を集めた3枚組です。すべて既存の曲でオリジナル曲はありません。
実はウッディ・アレン映画はなんとなくとっつきにくい感じがあって、まともに見たのは『カイロの紫のバラ』くらい(それはちゃんと映画館行って観た)。でも、なんとなく先入観というか、イメージでいうと、ウッディ・アレンの映画に合うのはロックやポップスではないし、かと言ってクラシックという感じでもない。やっぱり小粋なジャズ。という予想はしてたんですが、全くそのとおりで、1枚目と2枚目はオールジャズ、それも1920年代〜1950年代の古めのジャズです。まあ、小粋な、というよりは楽しげなビックバンドのジャズもありますが。
3枚目だけはちょっと異色で、ジャズでない曲もたくさんあります。ザ・カスティリアンズの「ラ・クンパルシータ」(タンゴ!)とか、ザビア・クガートの「マイアミ・ビーチ・ルンバ」(ルンバ!)とか、ザ・チャンプスの「テキーラ」とか。
ブックレットには、ウッディ・アレン自身のコメントもありますので、引用しておきます。
"Everyone loves his childhood music, and
For some reason it is
Man. When I wake up as an adult
I go to school the morning
Become Radio and Billy Holiday and Coleman
Hawkins and Benny Goodman." - Woody Allen
めんどくさいので、翻訳はしません。みんな適当にGoogle翻訳とかしてみてちょ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR