FC2ブログ

ローウェル・フルスン『1948 - 1949』(3/12)

仏Classicsレーベルから出つつあるLowell Fulsonの年代別全曲集第3弾。今作には1948〜1949年にかけてのDown Beatレーベルへの録音21曲と、Fontana/Polydorへの録音各1曲の計23曲を収録。曲数が奇数なのは音源が見つからなかったので未収録の曲が1枚あるため。このころから、ジャンプブルースっぽい作風からリズム&ブルースへの転換が見られる。軽快なノリはそのままだが、ヴォーカルの重みがぐっと増した感じでヴォーカルメインの作風に変わりつつある。またギターもかなりアグレッシヴなプレイが多くなり、非常にかっこいい。
そして22曲目ではいよいよB.B.キングもヒットさせた「Everyday I Have The Blues」が登場。ピアノの名手ロイド・グレン、サックスのアール・ブラウンと組んだ黄金時代が始まる。そこらへんを収録した第4弾が待ち遠しい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR