FC2ブログ

今日の消化盤(4/27)

Thomas Fehlmann『Honigpumpe』(Kompakt CD59)

★★★☆
ジ・オーブのメンバーでもあるトーマス・フェルマンのアルバム。一応アンビエント系、ではあるのだが、そのサウンドはかなり特異なものだ。どこか飄々とした感じの漂う、行きそうで行かない独特のリズムに乗せて、むしろ淡々とした感じで進んでいく。
何だろう?この不思議な感覚は、ちょっと他に例を見ないものだ。そこには狂熱のリズムも、キャッチーなメロディもないが、それでも一聴惹きつけられずには居られないなにかがある。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR