FC2ブログ

今日の消化盤(6/26)

Various Artists『Everything Is Nice・The Matador Records 10th Anthology (3/3)』(Matador OLE 400-2)

★★★☆
10周年を記念して出されたMatadorレーベルのレーベル・サンプラー3枚組。この3枚目は全曲未発表音源ということでお得。
例によって、曲調はまちまちで、ガレージ・ロックあればヒップホップありというまとまりのなさで、Matadorというレーベルの懐の深さを表していて良い。オーラスの曲、キャット・パワーの「Sea Of Love]のカバーが良い感じ。

Percy Mayfield『Live In San Francisco』(Acrobat ACMCD 4044)

★★☆
パーシー・メイフィールド、1980年代のライヴと思われるが、詳細な日時や場所は不明。
もともと5曲約30分しか収録されていないのにもかかわらず、聴いてみると、あっ何と言うことだ!最後の曲はパーシーのヴォーカルじゃないじゃん(怒)。ということで実質4曲でした。しかもギターはピー・ウィー・クレイトンとのことなのだが、これがまた本当に弾いているの?と思いたくなる程目立っていない。
つーことでかなり踏んだり蹴ったり盤でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR