FC2ブログ

パーシー・メイフィールド『Live』(3/30)

Percy Mayfieldの1981〜1982年にカリフォルニアで行われたライヴ6回の音源からの編集盤。2曲でピー・ウィー・クレイトンが、別の2曲でフランシス・クレイが参加。ジャケ写の痛々しい姿を見ると(こちらの写真と比較してみて下さい)、ついつい聴く気が失せる、というか聴くのが怖い、という気持ちになって手が出なかったのだが聴いてみるとそんなに悪くなかった。無論Specialty時代のハリのある声とは比べようもないけれど、スローでジャジーなアレンジで歌っているせいか結構聴ける。雰囲気を盛り上げようとして所々笑い声を入れるのが多少寒いといえば寒いが。ピー・ウィー・クレイトンのギターはガンガンソロを弾き倒しているということはないけれど、いい雰囲気を出しておりさすがだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR