FC2ブログ

今日の消化盤(10/5)

ジョン・ロード・ウィズ・ザ・フーチー・クーチー・メン『ライヴ・アット・ザ・ベースメント』(Southern Sea QACL 30016-8)

★★★☆
元(でよかったっけ?)ディープ・パープルのキーボード奏者、ジョン・ロードがザ・フーチー・クーチー・メンというバックバンドを率いて行ったライヴの模様を収録した盤。
3枚組で、1〜2枚目にライヴ本編(2003年2月7日、シドニーのベースメントでのライヴ)、3枚目にインタビューや他の場所のでのライヴ音源、デモなどのボーナス素材を収録している。
音の方は、完全にブルースを意識しており、ていうかブルースのスタンダード曲が中心である。一応パープルの「When A Blindman Cries」とか演ってますけど。ジャンルをブルースにすべきか、ロックにすべきか迷うような音。ブルースロック、というのともまたちょっと違うんだよな。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR