FC2ブログ

今日の消化盤(10/16)

Dmitri Kitayenko指揮『Scriabin: Le Poeme De L'Extase・Le Divin Poeme』(Virgin Classics VC7 91493-2)
★★★☆
ドミトリ・キタエンコ指揮、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団演奏のスクリャービン集。「法悦の詩」と「交響曲第3番"神聖な詩"」の2曲を収録。
キタエンコの指揮は、かなり穏やかな感じで、安心して聴けるが今ひとつ物足りない。個人的には、スクリャービンはもっとどろどろと情念たっぷりに演奏して欲しいものだ。とは言え、決して悪い演奏ではない。

Neeme Järvi指揮指揮『Dvořák: Slavonic Dances』(Chandos CHAN 8406)

★★★☆
ネーメ・ヤルヴィ指揮、スコティッシュ・ナショナル管弦楽団演奏による、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲」全曲集。
さすがヤルヴィだけあって、メリハリの効いた良い演奏。「スラヴ舞曲」は初めて聴くので、馴染みがない分、ちょっと評価が辛くなったかも知れない。聴き込めば、もっと評価があがると思うが、聴き返す機会があるかどうか…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR