FC2ブログ

V.A.『Newport Folk Festival Best Of The Blues 1959 - 68(1/3)』(4/5)

1959〜1968年に行われたNewport Folk Festivalの音源より、ブルース関係のアーティストの51曲をCD3枚組に編集したもの。とりあえず聴いた分から1枚ずつレビューします。1枚目は、ミシシッピ・ジョン・ハート(6曲)、スキップ・ジェイムズ(2曲)、サン・ハウス(4曲)、ブッカ・ホワイト(1曲)、ミシシッピ・フレッド・マクドウェル(2曲)、マディ・ウォーターズ(2曲)を収録。
この内、聴いたことないのが1人目のMississippi John Hurt。フォークブルースなどと言われることも多い人だが、確かにスリーフィンガーピッキングで奏でられる美しいギターやジェントルなヴォーカルはフォークっぽいところがある。しかし耳触りの良いだけの曲ではもちろん無くしっかりとした骨太な感じがあり聴き応えがある。これは単発盤のCDも買って聴こう。
それ以外ではやはりSon Houseの演奏が群を抜いている。6分を超す大曲「Son Blues」は聴きもの。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR