FC2ブログ

今日の消化盤(11/17)

Monica Huggett・Raglan Baroque Players演奏『Vivaldi: Il Cimento Dell'armonia E Dell'inventione』(EMI/Virgin 7243 5 61668 2 0)

★★★☆
モニカ・ハジェットとラグラン・バロック・プレイヤーズ演奏によるヴィヴァルディの、「和声と創意への試み」第1番〜第12番全曲と、余白に「ヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ長調」と「2つのヴァイオリンのための協奏曲ト長調」。1988〜1989年録音。
エウロパ・ガランテの攻撃的とも言える激しい演奏に比べると、かなり穏やかで優美な感じ。まあヴィヴィルディの音楽と言って、一般人が思い浮かべるイメージはこっちの方が近いと思うが。ただ単に優美なだけの軟弱な演奏ではない。芯にはしっかりした思想のようなものを感じる。なかなか楽しめた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR