FC2ブログ

今日の消化盤(1/25)

Bob Van Asperen/Melante Amsterdam『J.S.Bach: Concertos For 2, 3 & 4 Harpsichords』(EMI/Virgin 7243 5 62152 2 1)

★★★☆
ボブ・ファン・アスピレン、グスタフ・レオンハルトなど4名のハープシコード奏者に、メランテ・アムステルダムの伴奏を加えた盤。中身はタイトル通り、2台、3台、または4台のハープシコードのための協奏曲集。
複数台のハープシコードが鍔迫り合いをしつつ激しく争うように弾きまくる、といった内容ではもちろんないので、あくまでも優雅に、格調高く、複数台のハープシコードの調和をメインに考えて演奏されている。それは聴いていて耳にとても心地よいのだけれど、ロック畑出身の自分としては、互いが激しくハープシコードを弾き鳴らし、俺が俺がというような演奏もちょっと聴きたかった気がする。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR