FC2ブログ

ミシシッピ・ジョン・ハート『Avalon Blues

カントリーブルースマン、Mississippi John Hurtの1928年Okehレーベルへの録音全曲集。全曲と言っても13曲しかないのだが。戦前録音はこの13曲のみで、後は1963年に「再発見」されるまで録音が途絶えることになる。
1928年の録音としてはかなり良好な音質で演奏の細かいところまでクリアに聞こえる。そのためミシシッピ・ジョン・ハートならではの華麗で端正なギタープレイ、そしてジェントルなヴォーカルを堪能できる。彼の演奏は、そのスタイルゆえにフォーク扱いされたり、「フォークブルース」などという分類に入れられたりもするようだが、本質はやはりブルースである。どろどろした、辛気臭いブルースが好き、と言う人には物足りないかも知れないが、逆にブルースはアクが強くてどうも。と言う人にはむしろお勧めかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR