FC2ブログ

今日の消化盤(4/18)

レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック演奏『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 他』(Sony Records SRCR 1625)

★★★★
バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック演奏によるショスタコーヴィチの交響曲第5番とプロコフィエフの交響曲第1番"古典交響曲"。
これはなかなか凄い演奏だ。いわゆるロシア系の指揮者、オケによる演奏とはかなり異なるのだが、変にロシア風にすり寄ったりすることなく、全く独自の世界を構築している。これがバーンスタインの実力か。ライヴ録音ではないのだが、まるでライヴのような妙な熱気がある。
併録のプロコフィエフは、まあ、オマケという感じ。可もなく不可もなく。

Collegium Aureum演奏『J.S.Bach: Four Overtures』(Deutsche Harmonia Mundi/Sony/BMG 82876 70042 2)

★★★★
コレギウム・アウレウム演奏によるJ.S.バッハの管弦組曲全曲集2枚組。さすがに高い評価を得ている楽団だけに、安定して、味わいのある演奏を聴かせてくれる。いわゆる古楽器を使ったスタイルの演奏としては、模範と呼べるものではないだろうか。名盤。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR