FC2ブログ

今日の消化盤(7/11)

フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ演奏『モーツァルト:交響曲第40番、第41番《ジュピター》』(Philips PHCP-10511)
★★★★
Philipsレーベルから出ている、ブリュッヘン+18世紀オーケストラのモーツァルト交響曲集もこれで最後(のはず)。ここでブリュッヘンのモーツァルトについて、どうだこうだ言うだけの知識も経験もないが、これを聴いている時間が、楽しい時間だったのは間違いない。さて、今度はヤープ・テル・リンデン指揮の古楽器演奏による全集を聴いて行かねばならぬ。

Giovanni Antonini/Il Giardino Armonico演奏『J.S.Bach: Brandenburg Concertos』(Philips PHCP-10511)
★★★★
これで通算6種類目になる、J. S. バッハの「ブランデンブルク協奏曲集」、これはイタリアの古楽器演奏集団、イル・ジャルディーノ・アルモニコによるもの。イタリアの演奏集団よいうことで、ちょっと派手目なのを期待したが、意外にも堅実な、しっかり地に足の着いた演奏であった。とは言え、ムジカ・アンティクヮ・ケルンあたりの無骨な演奏に比べると洗練されていると言うべきか。これはこれで楽しい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR