FC2ブログ

ドクター・クレイトン『エンジェルス・イン・ハーレム』(5/20)

http://images-jp.amazon.com/images/P/B00005638N.01.MZZZZZZZ.jpg" style="float:left;margin:0pt 7pt 0pt 0pt" border="0">だいぶん前にバーゲンワゴンから掘り出して買ったが、ずっと放置しておいたものを聴いてみた。ジョージア州生まれで、シカゴで活躍したブルースシンガー、Doctor Claytonの戦前録音から22曲を選んで収録したベスト盤である。
聴く前は、その独特の昔の吉本芸人のようなルックスから、しわがれたような声かと思っていたのだが、聴いてみるとこれが以外にも美声といっていい声だったのでちょっと驚いた。しかも朗々と声を張り上げて歌う、いわゆるシャウター系スタイルの元祖と言っていいような歌い方から、戦前ブルースマンに良くあるファルセットを効果的に使う歌い方まで実に引き出しが多い。かのB.B.キングが「師匠」と呼んだのも頷ける。
バックの演奏はほとんどピアノのみで、後半になってギターやホーンが入る曲も出てくるがいずれも「伴奏」の域を出ていない。まあ、この場合主役はあくまでクレイトンのヴォーカルであるから無理からぬところだろう。とにかく絶妙なヴォーカルに文句なしにノックダウンされた1枚だった。おすすめ!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR