FC2ブログ

今日の消化盤(9/19)

ラインハルト・ゲーベル/ムジカ・アンティクヮ・ケルン演奏『テレマン:ターフェルムジーク』(Archiv/Polydor POCA-2145/8)
★★★★
ラインハルト・ゲーベル率いるムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏による、テレマンの「ターフェルムジーク(食卓の音楽)」。
既にペーター・ヤン・ベルダー/ムジカ・アンフィオンのものと、ブリュッヘン等のバージョンと2種類は聴いたことがあり、このムジカ・アンティクヮ・ケルンのものは3種類めになる。
3種それぞれ違った趣があるが、若々しいムジカ・アンフィオン盤、どっしりとした安定感がありながらも、華やかな雰囲気もあるブリュッヘン盤、に比べると、ムジカ・アンティクヮ・ケルン盤は、素朴というか朴訥というか、そんな表現が合うように思える。ごりごりとした荒々しい手触り、武骨ながらも暖かみのある旋律。そんな表現が似合うだろうか。ターフェルムジークは、後1種類、18世紀カメラータ演奏盤が未聴CDの山に埋もれている。出来るだけ早く掘り起こして聴かないと。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR