FC2ブログ

ビッグ・メイシオ『The King Of Chicago Blues Piano』(6/9)

シカゴで活躍したブルースシンガー/ピアニスト、Big Maceoのベスト盤。1941〜1945年にかけてのBluebird/Victor録音全30曲から25曲を選んで収録したもの。全曲タンパ・レッドのギター伴奏で、曲によってはベース・ドラムも付く。
さすが「King Of Chicago Blues Piano」と呼ばれるだけあって、そのピアノは見事の一言。時に流麗に、時に軽快に、時に力強く、いろんな表情を見せるが常にどっしりとした安定感があり揺るがない。ヴォーカルは、ややかすれ気味で美声とは言えないが、これまた味がある。ギターのタンパ・レッドはサポートに徹していてあまり目立たないが、ビッグ・メイシオとのコンビネーションは抜群。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR