FC2ブログ

ローウェル・フルスン『Black Nights The Early KENT Sessions』(10/4)

Lowell FulsonのKENTレーベルへの録音を集めた編集盤で、1964〜1967年にかけての24曲が収録されている。KENT時代というと、ソウルフルでファンキーなブルース、という印象が強いが、まだ初期の頃の曲が多いこのCDではそれほどファンキーという感じはない。むしろ淡々とした感じすらある。しかし、後半に差し掛かるにつれて、音が分厚くなり、「ファンキー」と呼べる音に近づいてくる。いずれにしても、ローウェル・フルスンのギターとヴォーカルはどっしりとした安定感を感じさせる見事なものだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR