FC2ブログ

アール・キング『The Sonet Blues Story That Good <span style="text-decoration:line-through">Old</span> New New Orleans Rock And Roll』(10/27)

ニューオーリンズのブルースマン、Earl Kingの1977年作『That Good Old New New Orleans Rock And Roll』のストレートリイシュー。10曲しか入っていないのでちょっと寂しい。
音の方は、かなりソウル/ファンク寄りになっている。1950〜60年代のアール・キングの録音は、どこか隙があるというか、スカスカした部分がある音だったが、ここでの音は隙のないひたすら分厚い音。これはこれでなかなか良い。アール・キングの別の面を見せられたという感じ。最後の曲「Come Let The Good Roll」は1960年代のImperial録音でも演っていた曲。拙い、というかヘタウマな感じのImperial録音と聞き比べてみるのも一興。
amazonでは何故か扱いがないようなので、TOWER通販ページへのリンクはこちら
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR