FC2ブログ

旧館とBlogの統一化

現在、ウェブサイトとして、このblogと、通常のサイトである旧館(本当は本館と呼びたいが、更新頻度から言って止むを得ない)の2つを持っている。2つもあっても仕方ないし、手間がかかるだけなのでできれば1つに統合したいのだが、やはりblogとしての特性と、通常のサイトとしての特性を考えた場合、統合できるコンテンツとしにくいものがある。
例えば、先日はじめた「笑ったり泣いたりブルース」のような、データベース型というか、アーカイブ型のコンテンツはblogではやりにくい。また長文のコラムのようなものも今のこのblogのレイアウトでは読みにくいだろう。
ということで、旧館のコンテンツを分類してみた。
blogに統合可能なもの
blogにはしにくいもの
つれづれなる
ふみよむひび
ものぐるをし
よしなしごと
さうざうしき
こんなやつで
電気猫はPSIONの夢を見るか?+
幻惑のブロードバンド
林檎製掌上音楽箱

一応、こういう分類になる。
で、旧館のTOPページの方を見てもらえばわかるとおり、実は「ふみよむひび」についてはすでにblogの方に移行済みである。
 旧館は@Niftyのサービス終了に伴い存在しない(2019/6/19追記)

もともと、「ふみよむひび」は量が少なかったので、手で移行する、というか、「ふみよむひび」のページとココログの投稿画面を並べて開いておき、コピペして投稿、という形でもいいかと思ったのだが、それではあまりにも芸がない。
そこで思い出したのが、ココログにはもともとバックアップ/復元のために読込み/書出し機能がついているということである。そういえばまだ一回もバックアップを取っていないこともあり、試しに取ってみた。で、出力されたファイルの中身を見てみると、記事の本文にヘッダと区切りがついたような感じである。
これと同じフォーマットに整形して、ココログに読み込ましてやれば、移行することができる訳だ。

適当にググって、mtimport - Movable Typeの読み込みフォーマットといったページも参考にしながら(ココログはType-Padを使用しているが、これは基本的にはMovable-Typeと互換性がある)、大体、下記のようなフォーマットにすればよいのかな、とあたりをつけた。



--------

1つの記事の始まりを示す区切りの指定

AUTHOR: 投稿者名

記事の投稿者名を指定する。通常はココログのユーザーIDにする。

TITLE: 記事のタイトル

記事のタイトルを指定

STATUS: Publish

記事の公開状態を指定。「Publish」にすると公開になる。

ALLOW COMMENTS: 1

コメントをつけることを許可するかどうかの指定。"1"は許可する。

CONVERT BREAKS: __default__

強制的に改行のタグを挿入するかどうかを指定。ここでは「default」になっているのでココログの指定に従う。

ALLOW PINGS: 1

トラックバックを受け付けるかどうかの指定。"1"は受け付ける。

PRIMARY CATEGORY:主カテゴリ名
CATEGORY: 副カテゴリ名

カテゴリ名の指定。カテゴリが1つだけの時は最初の1行だけでよい。

DATE: 投稿日時

投稿日時の指定。MM/DD/YYYY hh:mm:ss AM|PMのフォーマットで指定する。24時間制で指定した場合は、「AM|PM」は不要。

-----

ヘッダー情報の終わりと本文の区切りを示す。本文の後ろに追加文があったり、コメントがあったりした場合はその都度区切りとして指定。

BODY:

本文の始まりを示す。

ここに記事の本文

本文を記述する。

--------

次の記事の始まりを示す区切り。


そこで「ふみよむひび」のページを表示させて、画面からテキストを適当なファイルにコピペし(HTMLファイルそのものを使うと、HTMLタグを除去しなければならないから)、上記のフォーマットになるようにヘッダや区切りを追加した。
いよいよ完成したファイルをココログの読込み機能で読み込ませてみると…、大失敗。一応記事のエントリは出来ているがタイトルも本文も空白だし、登録日も今日の日付になってしまっている。
何故だろう?文字のコードはココログに読み込ませる時に指定するのだが、ちゃんと合わせたはずだがなあ…、と思ってよく考えてみると改行コードがMac用(CR)のままだった!これをWin用(CR+LF)に変換してから再度読み込ませてみると、見事成功!

しかし、この方法だと大きな欠点がある。それは画面上に現れるテキストデータしか移行できないため、記事の中にリンクを貼っていたり、文字サイズを変えていたり、といったHTMLタグを使用した部分が反映されないのだ。
そこで思いついたのが、上のフォーマットにある「CONVERT BREAKS: 」というパラメータで、前回は「__default__」を指定したがこれを「"0"」にすれば改行タグの強制挿入はされなくなり、HTMLフォーマットのテキストをそのまま移行できるだろう。
ということで、「つれづれなる」から適当な記事を選び、上記と同じフォーマット、ただし「CONVERT BREAKS: 0」に指定してココログに読み込ませたところ、見事に成功した!
こうやって読み込ませた記事は、ココログの編集画面で開くと普通は見えない改行タグなどが見える状態になっている。このあたりは移行時の設定がそのまま保存されているらしい。
ちなみに、通常状態でココログに記事を投稿すると、記事の頭に<p>、記事の最後に</p>が挿入されるのだが、この方法だとそれもされないので、フォーマットを合わせるためにも移行する前に自分で<p>と</p>をつけておいた方がよいだろう。また改行タグも<br>ではなく<br />にしたほうが良いと思われる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR