FC2ブログ

ジョニー・エイス『1951-1954』(11/29)

楽屋でロシアンルーレットをして遊んでいて、自らの頭を撃ち抜くという悲劇的な死に方をしたリズム&ブルースシンガー、Johnny Aceの1951〜1954年の録音集。おそらく全録音だと思われる。内容は、1951年のFlairレーベルへの録音2曲と、1952〜1954年のDukeレーベルへの録音20曲、計22曲収録。
音の方は、オーソドックスなリズム&ブルースという感じで、正直、あまり特徴のあるものではない。強いて言えば、ヴァイブがかなり効果的に使われているぐらいのものだろう。ジョニー・エースのヴォーカルも同じで、非常にオーソドックスなスタイルである。しかし、一聴すると無個性なように思えるその歌声には、非常な説得力があり、心に沁みる。まだ一回しか聴いていないのだが、おそらく聴けば聴くほど魅力的になる声である(と断定してしまおう)。
それにつけても、わずか25歳での死が惜しまれる。もっと長く活躍していれば、どれだけ優れた作品を遺していただろうか。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR