FC2ブログ

ケイシー・ビル『The Hawaiian Guitar Wizard 1935 - 1938』(1/18)

一般的にはCasey Bill Weldonと呼ばれるブルースマンの編集盤。メンフィス、シカゴ、カンザスなど広い地域を渡り歩き、様々なバンドに在籍した人らしい。「The Hawaiian Guitar Wizard」というタイトルに惹かれて買ったのだが、いわゆるラップスタイルのスライドギターを得意とする人のようだ。Documentから全曲集全3枚も出ているが、いきなり全曲集というのも何だし。
1935〜1938年の24曲を収録。Washboard Rhythm Kings,The Hokum Boys,The Brown Bombers Of Swing名義での曲をそれぞれ1曲含む。
聴いてみると、さすがに「The Hawaiian Guitar Wizard」と銘打たれるだけあって、とにかくギターが実に上手い。ラップスティールスタイルのギターはもちろん、通常の押弦スタイルも素晴らしいもので、非常に多彩でいろんなスタイルのギターが楽しめる。
ヴォーカルの方も、決して下手ではなく力強いストレートな歌を聴かせてくれるのだが、やはりまずはギター、という人であろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR