FC2ブログ

スリム・ハーポ『The Excello Singles Anthology』(1/27)

ルイジアナのブルースマン、Slim HarpoのシングルA&B面全曲集。1957〜1971年にExcelloレーベルから発表したシングル22枚分44曲をCD2枚に収録。
一言で言えば「ユルいノリ」が売りのExcelloレーベルだが、スリム・ハーポこそその体現者のような存在だ。鼻にかかった、というよりも鼻声そのもののようなヴォーカル、ギターとハーモニカは、決して下手ではないが、がんがん弾きまくる(吹きまくる)ということは決してない。後ろのリズム隊も、どうにももっさりした演奏で、冴えないことこの上ない。はっきり言って「情けない」という形容詞が似合う音だ。しかしその「情けなさ」が逆にかっこいいのだ。これだけ「情けなさ」が様になる人はそうそうはいない
もっとも、DISC2枚目の後半になると、ちょっと印象が変わり、妙に演奏がタイトになってくる。全体に締まりが出てきた感じで、モダンブルースっぽい印象すらある。しかしそれもまた良し。懐が深いというか、何をやらせても様になる人である。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR