FC2ブログ

それがどうした今日も買う(9/24)

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Mravinsky Edition Volume 4』(Melodiya/BMG 74321 25193 2)
中古。「Mravinsky Edition」の第4集。中身はブルックナーの「交響曲第9番」だ。演奏はおなじみレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、1980年演奏。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Mravinsky Edition Volume 5』(Melodiya/BMG 74321 25194 2)
中古。同じく「Mravinsky Edition」の第5集。収録曲はチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」より抜粋、とプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」組曲第2番、の2曲。演奏はおなじみレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、1981年録音。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮『Tchaikovsky/Mussorgsky/Glinka/Glazunov』(Elatus 0927-46728-2)
中古。ムラヴィン3連発!こっちは特にシリーズではない単発の編集盤。収録曲は、チャイコフスキーの「フランチェスカ・ダ・リミニ」、ムソルグスキーの「モスクワ河の夜明け」、グリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲、グラズノフの「ライモンダ」組曲、の4曲。演奏はおなじみレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、グラズノフのみ1969年録音、他は1981年録音。

エンリケ・バティス指揮『Vol.I Oberture Famosas』(El Disco Es Cultura Alfa-1002)
中古。「Ediction Especial」という(と思われる)シリーズの第1集。有名な序曲ばかり集めた編集盤で、収録曲は、ヘンデルの「サバの女王の登場」、ベートーヴェンの「レオノーラ」、メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」、ブラームスの「大学祝典序曲」、モーツァルトの「フィガロの結婚」、シューベルトの「ロザムンデ」、ロッシーニの「泥棒かささぎ」、ベルリオーズの「ローマの謝肉祭」の8曲(全部スペイン語で書いてあるから翻訳するの大変だったよ)。演奏はロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、録音年記載なし。

エンリケ・バティス指揮『Vol.X Rimsky-Korsakov』(El Disco Es Cultura Alfa-1026)
中古。上と同じシリーズの第10集。収録曲はリムスキー=コルサコフの交響組曲「シエラザード」と「サルタン皇帝の物語」序曲、の2曲。演奏はフィルハーモニア管弦楽団、録音年記載なし。

エンリケ・バティス指揮『Vol.XVI Wagner - Gluck』(El Disco Es Cultura Alfa-1026)
中古。上と同じシリーズの第16集。収録曲は、ワーグナーの歌劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」序曲、歌劇「トリスタンとイゾルデ」より序曲と「愛の死」、歌劇「タンホイザー」序曲、歌劇「リエンツィ」序曲、グリーグの歌劇「アウリスのイーフィゲニア」序曲の5曲。なお、CDの裏ジャケの曲名表示では5曲目が欠落しているが、CDにはちゃんと収録されている。
演奏は、前3曲がロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、残り2曲がメキシコ州立交響楽団、録音年記載なし。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR