FC2ブログ

リサ・エクダール『Sings Salvadore Poe』(7/14)

ジャズ系の歌手としては珍しいロリ系ヴォイスのシンガー、Lisa Ekdahlの2000年作品。タイトル通り、全曲ご主人でもあるサルヴァドール・ポーの作詞作曲。以前聴いた1stアルバムは、ばりばりのジャズアルバムで、リサのロリ声とバックの演奏がどうも違和感があって良くなかったのだが、これはどちらかというとボサノヴァ系の音らしいのでまだ何とかなりそうということで再チャレンジ。
聴いてみると、これはなかなか良かった。ジャズ、というよりはボサノヴァと言ってしまった方が良いくらいのボサノヴァテイストだが、彼女の声にはこれくらいのポップな曲の方が合う。また以前聴いたデビュー作に比べると、リサのヴォーカル自体ずっと肩の力が抜けた感じで気負わずに聴ける。
ということで他のアルバムも安く落ちていれば買ってみようかな。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR