FC2ブログ

ウィルバート・ハリスン『Kansas City・His Legendary Golden Classics』(7/17)

ニューヨークのリズム&ブルースシンガー(楽器も各種こなす)、Wilbert Harrisonのベスト盤。25曲収録。このレーベルらしく、収録曲についてのデータは皆無なのでどの曲がいつ頃どのレーベルで録音されたものかは不明。先日買ったベスト盤には入っていなかった代表的ヒット「Kansas City」も入っている。
CDDBで取ってきたデータのジャンルが「Country」になっていてちょっと驚いたが、確かに彼のヴォーカルはなんというか牧歌的なところがあってカントリーっぽくないこともない。まあ、音自体はカントリーではないけど。
この牧歌的というか、のどかというかまったり系のヴォーカルが彼の持ち味である。タイトル曲の「Kansas City」はアルバート・キングもよくカバーしていたが、アルバートのバージョンの格好良さに比べると、オリジナルのこっちは情けないくらいもっさりしている。だが、そのもっさり加減が唯一無比というか他にはない感じでいいのだ。ベスト盤ではなく、まともな形でリイシューされないかなあ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR