FC2ブログ

今日の消化盤(7/10)

エドゥアルト・ヴァン・ベイヌム指揮/ブルックナー:交響曲選集(1/4)
★★★☆
ベイヌム指揮のブル選1枚目は5番を収録。1959年という録音時期を考えるとあまり音質は良くない。オーディエンスノイズの入り方からしてライヴ録音らしい。
肝心の演奏だが、今まで聴いてきたブルックナーとはちょっと違う。重厚長大というよりは軽快で颯爽としている。最初はやや違和感もあったが、聴いている内に良くなってきた。こういうブルックナーもアリ。コンセルトヘボウ管も素晴らしい演奏を聴かせる。良盤。2枚目以降が楽しみ。

タテタカコ/裏界線
★★★★☆
正直期待していなかっただけに感動した!シンプルなほぼピアノ弾き語りに近いサウンドだが、それだけに歌詞と曲がダイレクトに入ってくる。ヴォーカルも素晴らしい。まさにこの曲のためにあるヴォーカル、というか、このヴォーカルであればこの曲でなければ意味がないという必然性に満ちている。1曲目「ひまわり」の冒頭から完璧に近い。2曲目「心細い時にうたう歌」は更に名曲。あとほんの一息で5点満点。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR