FC2ブログ

今日の消化盤(1/7)

リトル・エスター『Better Beware』(Charly CD Charly 248)

★★★★
ブルース、ジャズ、ソウルと幅広い分野で活躍したシンガー、Little Esther(Phillips)の編集盤。1951〜1953年のFederal録音からのベスト。ジャンル的にはブルースとジャズの双方が入り交じっている感じ。歌声はやや鼻に詰まったような感じで、ちょっとくせのある歌い方なので苦手な人もいるかも知れないが、個人的には好きな歌い方だ。何と言ってもヴォーカルの完成度が凄い。当時、15〜17歳(!)という若さながら既に完成されたヴォーカルを聴かせる。ダイナ・ワシントンあたりが好きな人には是非聴いてもらいたい。

ビッグ・ママ・ソーントン『The Complete Vanguard Recordings』(1/3)(Vanguard Records 175/77-2)

★★★★
ビッグ・ママ・ソーントンのVanguardレーベルへの録音全曲集3枚組の1枚目。アナログ盤では『Jail』というタイトルで出されていたもので、名前通り1975年に行われた刑務所慰問ライヴの模様を収録したもの。ジャニス・ジョップリンもカバーした「Ball And Chain」、エルヴィス・プレスリーのヒットで知られる「Hound Dog」と名曲揃いの7曲。1曲がかなり長めなのだが、全くだれることはない。ライヴならではの熱狂的でテンションの高い演奏が楽しめる。ビッグ・ママのヴォーカルは勿論のこと、ビー・ヒューストンのギター、ジョージ・"ハーモニカ"・スミスのハープも聴きものだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR