FC2ブログ

今日の消化盤(2/28)

アーサー・アダムズ『Back On Track』(Blind Pig Records BPCD5055)

★★☆
西海岸のモダン・ブルースシンガー/ギタリスト、Arthur Adams(Arthur K. Adamsと表記されるときもある)の1999年のアルバム。2曲でB.B.キングがゲスト参加。
音の方は、やや地味目のモダーンブルース。ギターはなかなか良いのだが、ヴォーカルがやや弱い。特に前半の曲はかなり単調。後半からはまだマシになるが、全体的に見ても地味すぎ。もうすこしガンガンとハードに弾いて欲しかった。

ウィリー・ケント『Blues And Trouble』(Isabel Records IS 649501)

★★☆
シカゴのブルースシンガー/ベーシスト、Willie Kentの1995年録音のアルバム。ベーシストがリーダーというのはちょっと珍しいのでそれとなく期待していたのだが、ぐんぐんうねるグルーブ感が…などということはなく悪い意味で期待を裏切られる。これまた地味な内容。ヴォーカルは一本調子だが味があって悪くないのだが、やっぱり地味という印象はぬぐえない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR