FC2ブログ

今日の消化盤(3/26)

Various Artist『Lightnin' Special Volume 2 Of The Collected Works(3/4)』(JSP Records JSP7790)

★★★★
ライトニン・ホプキンスの初期音源を中心にした、テキサス・カントリー・ブルースの編集盤4枚組。この4枚目には、ソルジャー・ボーイ・ヒューストン(8曲)、J.D. エドワーズ(5曲)、アーネスト・ルイス(8曲)、フランキー・リー・シムズ(4曲)の計25曲を収録。
まず一人目、ソルジャー・ボーイ・ヒューストンはモノトニック・ベース奏法による弾き語りスタイルで、声質を含め、リル・サン・ジャクスンによく似ている。やや単調な気もするが、透明感のある音で悪くない。
二人目、J.D. エドワーズはバンドスタイル。音質が異常に悪いので戦前ブルースかと思うが、1952〜1953年録音。ギターがアグレッシヴな感じでいい。5曲中4曲では、ライトニン・ホプキンスがサブギターで参加しているらしいがあまり目立っていない。
三人目、アーネスト・ルイスは弾き語りスタイル。ちょっとライトニンライク。あまり印象に残らんかった。
最後、フランキー・リー・シムズはおなじみの人。ピアノ伴奏入り。ぶっきらぼうというか、吐き捨てるような歌い方はやっぱりかっこいい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR