FC2ブログ

今日の消化盤(5/9)

今日は濃いいのを2枚続けざまに聴いたよ!

ドクター・ジョン『ガンボ』(ATCO/MMG Inc. AMCY-233)

★★★★
ドクター・ジョン、1972年発表の名作中の名作。「ガンボ」とはニュー・オーリンズ名物のいろんな具材を煮込んだシチューみたいなものの由だが、そのタイトルに象徴されるようにこれはニュー・オーリンズのいろんな音楽のごった煮だ。て言い切ってしまえるほど、ニュー・オーリンズの音楽に詳しい訳ではないのだけど、おそらくそうに違いないと確信を抱かせるだけの音がここにはある。
力の抜け具合が絶妙な1曲目「Iko Iko」で始まり、途中アール・キングやヒューイ・"ピアノ"・スミスのカバーを取り混ぜながら奏でられる12曲の音の物語。
ドクター・ジョンはこれが初体験な訳だが、その独特のダミ声にハマってしまいそうな予感。

ロウウェル・フルスン『The Ol' Blues Singer』(Jet Records/Indigo Records IGOCD 2022)

★★★☆
ロウウェル・フルスン、1975年Jet/Graniteレーベルから発表されたアルバムのストレート・リイシュー。音の方は、KENT時代を思わせる、とにかくぶっとくて、こてこてしたゴージャスなもの。ソウルを通り越してファンクにまで行ってしまいそうな勢いだ。
あまりにも装飾過多でやりすぎと言った感じの曲もないではないが、フルスンの歌がとにかく楽しげで気持ちいい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

freeflow

Author:freeflow
日々鬱病と未聴CDと戦いながらCD買い物依存症から抜け出せない、そんな奴です。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR